てーげー主義

e0095502_13375623.jpg

「てーげー主義」とは沖縄の生き方、考え方、ライフスタイルを指し示す言葉。「てーげー」は、大概、適当という意味。


この「てーげー」、博多弁では「大概にせえよ」と「大概でよかよ」の二つの意味があるらしい。宮崎弁では、「てげてげ」という言葉で、「大体、いい加減」という意味とのこと。


さて、本題のてーげー主義の意味は‥


まずはトライする。がんばった後は、過ぎ去った過去は気にしない、これから起ることに対してくよくよ考えない。なんくるないさ〜で、自分にも他人にもおおらかに生きる。てーげー主義は人を明るく元気にする。


つまり、トライしたことに対する後悔と、これから先の不安も、なんくるないさ〜でまったく気にしない。挑戦したら、やがて訪れる結果は何であれ、自分も他人も追い詰めないで、みんな笑顔で受け入れてしまう。


最近の沖縄では、最初から挑戦せずに何もしないで、なんくるないさ〜♪という意味として理解している人が増えているそうですが‥。


てーげー主義について分かりやすく書いてある対談が「Re-Style」のWEBサイトに掲載されているので、良かったら読んでください。re-stylist talk No.9で、沖縄のアーティスト、名嘉睦稔さんがリアルにてーげー主義について表現されています。


そういえば、映画の山崎監督が、宇宙戦艦ヤマトを作った理由を聞かれた時の言葉。


『今の世の中、何かやる前からやってもねえのに"無理だ"とかいう傾向があって、それがあまり好きじゃなかったからこの映画を作ろうと思った』


トライする前にあきらめるのは、一見冷静で賢い判断のようにも思えるけど、挑戦することより失敗しないことに価値を置いているのかもしれません。過去に体験した経験値からか、頭であれこれ考えて、挑戦せずにあきらめる。


机上の理論では分からない、計り知れない結果が起きる可能性もあるのに、試さなければその可能性はゼロになってしまう。様々な場面や条件によって、すべてに当てはまるとは一概には言えないけど、これ、本当にもったいないないことじゃないかと改めて感じます。


最近の自分自身の生き方を振り返ってみると‥決して偉そうなことは言えないし、書けませんが、それも過去のこと。トライする前に頭の中で没にしたアイデアや夢は数えきれないくらいあり‥あちゃ〜ですが、それも過去の話。


昨年、沖縄でお世話になった先輩のお隣りさんのお宅で、こんな場面に遭遇しました。


小学生の女の子に、彼女の叔母さんがこう話し掛けてました。


なんでさ〜。
やってみなきゃ、分からないさ〜♪
トライすれば、できるかもしれないさ〜♪


と、常に笑顔で励まし続けてました。


その女の子がトライしない理由はいろいろあるようですが、決して失敗を恐れているわけではないようでした。そして、周りの大人達も彼女を励ましつつ、時々そ〜っと背中を押してやさしく見守りながら、彼女が自分で動くのを待っている。


そんな会話のやりとりを聞いていて、はじめは何でトライ、トライと言うのだろうと不思議に思いましたが、てーげー主義の意味を知ってからは、沖縄のハートに触れたのか、胸がほっこり温かくなりました。


ということで、今年のモットーはてーげー主義。こんな感じで生きてみよう♪と思うこの頃です。自分にやさしく、他人にやさしく、みんな笑顔で♪
[PR]

by growinghearts | 2011-01-28 13:37