沖縄から帰って

e0095502_18134442.jpg

今日、友人の七七日の葬儀が無事に終わりました。お坊さんの唱えるお経を聴きながら、様々な場面が鮮明に甦ってきました。


あんなこともあったなあ。
こんなこともしたっけ。


最近すっかり忘れていたことも、まるで昨日のことの様にリアルな情景と会話が、お経に乗って走馬灯のように流れていきました。懐かしさと悲しいけど温かい気持ちで胸が熱くなるのを感じながら。


ここ10年をひと区切りと考えると、そのうち7年は友人と何らかの付き合いがあり、ひと区切りを迎えた心境です。


お坊さんの説法は『六根清浄(ろっこんしょうじょう)』という言葉でした。


 ^^^^^^^^^^^

六根清浄(ろっこんしょうじょう)の六根とは、仏教語で感覚や意識の6つの器官、眼・耳・鼻・舌・身・意のこと。六根を清浄にして修行に臨むという意味が込められていて、修行者が六根清浄と唱えながら滝に打たれる、山へ登るなどするそうです。


この六根清浄(ろっこんしょうじょう)という言葉→六根浄(ろっこんじょう)→どっこいしょとなり掛け声になったと伝えられています。座る時、立ち上がる時、物をおろす時に言う「どっこいしょ」。力を入れたり抜いたりする時に言う掛け声の定番。


四苦というのがあって、人間のもつ、四つの根元的な苦悩。生きる苦しみ、老いる苦しみ、病いの苦しみ、死ぬ苦しみがあります。いま生きている私たちは先に見送る経験などとても辛いことですが、そればっかりではありません。楽しいことも沢山あります。どんな時も、この『どっこいしょ』という言葉で、これからも生きて行きましょう♪

 ^^^^^^^^^^^


どっこいしょと言うのは年取った証拠、なんて昔聞いたことがありますが、六根清浄が語源となっているこの言葉、どっこいしょと言いながら頑張るのもなかなか意味深いことなんですね。


沖縄から帰ってまだ数日ですが、内面で変化しているのを感じています。本当に気ままな旅でのんびり過ごしていましたが、ルールというかテーマをひとつだけ決めていました。それは自分に誠実になること。様々な状況で、なかなか自分に誠実になれないこともありますが、今回の旅では大切にして過ごしました。こんなに自由気ままな一人旅は、ひょっとして生まれて初めてかもしれません。


今年もあと20日ですね。この師走は、どっこいしょ♪とつぶやきながら過ごそうかと思います。宜しかったら、ご一緒にいかがですか。


さあ、どっこいしょ〜♪
   
[PR]

by growinghearts | 2010-12-11 18:13