播磨の詩人

ある病院で詩に出会いました。
筆で書かれたこの詩が
静かに壁に佇んでいました。

その詩の前を通り過ぎて行く

患者さんを
付き添いの人を
お医者さんを
看護師さんを
その他のスタッフを

優しく見守り、言葉を贈り続けて来たことでしょう、きっと。

そして‥
わたしにも。

ありがとう。

 ・
 ・
 ・
 ・

生かされて常に

初めての今日と
   出会います

目覚めの朝の
   よろこびに

幸福の原理を
   想います 

その豊潤なる
   メッセージに

わが胸は
熱く燃えます


by 有本芳水(1886~1976)、播磨の詩人
[PR]

by growinghearts | 2008-11-10 20:20